ここから本文です

クズネツォワとべスニナが決勝へ [インディアンウェルズ/女子テニス]

3/18(土) 23:20配信

THE TENNIS DAILY

 アメリカ・カリフォルニア州インディアンウェルズで開催されている「BNPパリバ・オープン」(WTAプレミア・マンダトリー/3月8~19日/賞金総額769万9423ドル/ハードコート)の女子シングルス準決勝で、第14シードのエレナ・ベスニナ(ロシア)が第28シードのクリスティーナ・ムラデノビッチ(フランス)を6-3 6-4のストレートで下し決勝に進出した。

ベスニナがフルセットの戦いでビーナス・ウイリアムズに勝利 [BNPパリバ・オープン]

 ベスニナは第1セットを5-0とリード。その後、ムラデノビッチに3ゲームを連取されたが、第9ゲームを取って6-3で第1セットを先取した。

 第2セットでも5-1とリードしたところで、またも3ゲームを連取され5-4まで追いつかれたベスニナだが、第10ゲームのサービスゲームをキープして6-4で締めくくった。

 ベスニナは4回戦で第2シードのアンジェリック・ケルバー(ドイツ)を下し、準々決勝では第12シードのビーナス・ウイリアムズ(アメリカ)を破っている。30歳のべスニナは、彼女のこれまでのキャリアの中でもっとも大きな大会の決勝の舞台に上がる。

 過去に今大会のダブルスで3度優勝しているベスニナだが、シングルスではそのような結果を残すことができていなかった。しかし、今年やっとシングルスで決勝に進出することができ、結果を出せた、と語っている。

 日曜日に行われる決勝では、第8シードのスベトラーナ・クズネツォワ(ロシア)と対戦する。クズネツォワは第3シードのカロリーナ・プリスコバ(チェコ)を7-6(5) 7-6(2)で下して勝ち上がった。

 過去にグランドスラムで2度優勝している31歳のクズネツォワ。
「相手をストロークで圧倒することは、ここではかなり難しい。今は動きもよく、ディフェンスに集中した。サ-ビスも好調だったわ」だと語っていた。(C)AP (テニスデイリー/THE TENNIS DAILY)

Photo:INDIAN WELLS, CA - MARCH 17: Svetlana Kuznetsova of Russia celebrates a point against Karolina Pliskova of the Czech Republic in their semi final match during day twelve of the BNP Paribas Open at Indian Wells Tennis Garden on March 17, 2017 in Indian Wells, California. (Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

最終更新:3/20(月) 0:15
THE TENNIS DAILY