ここから本文です

ソフトB松坂、アクシデントか 4回途中で足元気にする仕草、4四球乱調で降板

3/18(土) 14:25配信

Full-Count

オープン戦3度目登板も3回2/3を4失点、開幕ローテ争い後退

 ソフトバンク・松坂大輔投手が18日、西武戦(西武プリンス)でオープン戦3度目の登板。3回2/3を1安打4失点も最後は足元を気にして降板する事態となった。

期待の若手を多数輩出、ソフトバンクここ10年のドラフト指名選手一覧

 立ち上がりからテンポの良い投球でリズムを作った。初回先頭の田代を左飛に打ち取ると、大崎、浅村を連続で二飛に仕留め、わずか9球で1回を投げ終えた。

 2回は4番中村を外角変化球で空振り三振。メヒアを投ゴロで斬ると、木村はフルカウントから外角いっぱいの直球で見逃し三振。時折、カーブを交えながら緩急を駆使した。

 2回まで6打者連続で初球ストライクと安定していたが、3回になるとコントロールが乱れ始めた。先頭栗山への初球が外れてボールとなると、この日初めての四球。続く岡田も四球となったボール球が暴投となり、無死一、三塁とピンチを広げると、永江に右犠飛を打たれて1点を失った。続く田代は味方のエラーで一、二塁と再び走者を背負ったが、大崎、浅村を連続で右飛に仕留め、最少失点で切り抜けた。

 4回は1死からメヒアに中前打を許すと、2死から栗山、岡田に連続四球で満塁。すると、ここで足元を気にするような仕草を見せ、このまま降板した。2番手・加治屋が走者一掃の二塁打を打たれ、松坂は4失点となった。

 開幕ローテ争いで崖っぷちの右腕だが、まさかのアクシデントでアピールはならなかった。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:3/18(土) 14:42
Full-Count

スポーツナビ 野球情報