ここから本文です

『パワーレンジャー』、疾走感溢れるレンジャー5人&メカビジュアル解禁!

3/18(土) 16:00配信

クランクイン!

 日米ハイブリッド超大作『パワーレンジャー』にて、日本の“スーパー戦隊”のDNAを受け継ぎながらも、ハリウッドの最新技術を駆使し、新たに誕生した5人のヒーローの疾走感あふれるポスタービジュアルが公開された。

【関連】1995年製作の『パワーレンジャー』フォトギャラリー


 『パワーレンジャー』は1993年に全米で放送開始され、20年以上も続くテレビ特撮シリーズ。日本の特撮シーンと、外国人キャストで撮り直したドラマシーンを再編集して生まれたこのヒーローは、瞬く間に全米で人気を博し、アメリカの子供番組史上最高視聴率を記録。クリスマスに玩具の品切れ騒動が起こるなど社会現象に。全米では今もなお放送が続いており“米国で最も成功したジャパニーズコンテンツ”といわれている。今回はこの“メイド・イン・ジャパン”のヒーローを、映画として総製作費120億円の圧倒的スケールで描く。

 制作には『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のアリソン・シェアマー、『ジュマンジ』のブレンド・オコナー等が総指揮をとるなど、強力な製作陣が集結している。また、1月に解禁された予告編が1週間でユーチューブの再生回数2000万回を超え、日本語版吹き替えには勝地涼、広瀬アリスらが声優として参加するなど、方々で早くも注目の的となっている。

 今回解禁となったポスタービジュアルは、普通の高校生だったジェイソンやキンバリーたち5人の少年少女が、それぞれのカラーのアーマーに身を包み、力強い意志を感じられる横顔が描かれている。またその後ろには、レンジャーたちが操る5体の相棒メカ“ゾード”たちが本物の恐竜や動物のような躍動感のある動きで駆け抜ける姿も、合わせて描き出されている。

 なお、4月15日からは『パワーレンジャー』の劇場前売り券が発売されることが決定。前売り券には先着1万名限定で、US版のポスタービジュアルを使用したクリアファイルが特典となる。

 映画『パワーレンジャー』は7月15日より全国公開。

最終更新:3/18(土) 16:00
クランクイン!