ここから本文です

阪神・金本監督を悩ます北條の打順

3/18(土) 18:14配信

ベースボールキング

「粘って粘って、最後はチェンジアップかな?よく対応できている」。

 阪神の金本知憲監督は18日のDeNA戦で、決勝のタイムリー二塁打を放った北條史也を称えた。

 北條は、長年阪神の遊撃のレギュラーを務めた鳥谷敬に代わり、オープン戦では遊撃のポジションでスタメン出場。3月31日のシーズン開幕戦では『遊撃・北條』で起用されることが濃厚だが、打順についてはオープン戦が終わるまで決まらなさそうだ。

【北條のスタメン出場時のオープン戦打順】
1番・遊撃 2月25日vs日本ハム
2番・遊撃 3月5日vs広島
1番・遊撃 3月8日vsロッテ
2番・遊撃 3月9日vsロッテ
2番・遊撃 3月11日vs西武
1番・遊撃 3月12日vs巨人
7番・遊撃 3月14日vsオリックス
9番・遊撃 3月15日vsオリックス
9番・遊撃 3月17日vs中日
9番・遊撃 3月18日vsDeNA

 北條はここまで、オープン戦10試合にスタメン出場しているが、1番が3試合、2番が3試合、7番が1試合、9番が3試合と打順が固定されていない。

 金本監督は18日のDeNA戦後、北條の打順について「中途半端に7、8番よりは9番の方が1番に近いからね」とこの日、9番で起用した意図を明かし、「上本次第によるけど、できれば上位で使いたい」と本音を口にした。

 上本博紀がオープン戦の打率.500、同じく上位で打つことが予想される高山俊はオープン戦12球団トップタイの3本塁打を記録する。北條もオープン戦打率.325をマークするが、上本、高山といったライバルが好調。金本監督は北條を上位で起用したい方針だが、開幕まで頭を悩ますことになりそうだ。

(提供=ニッポン放送ショウアップナイター)

BASEBALL KING

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合8/22(火) 22:45