ここから本文です

宇和島の老舗醤油×名水で育つ西条産パクチーが〈パクチー醤油〉に! すべてのパクチー好きに捧げる1本/愛媛

3/18(土) 18:58配信

Webマガジン コロカル

コロカルニュースvol.2025

■パクチー好きに朗報!な愛媛県産品のコラボ

独特のクセが病みつきになる、タイ料理には欠かせない野菜〈パクチー〉。コリアンダーや香菜とも呼ばれるこの野菜は、エスニックブームで特に女子のあいだで人気が高まり、ちかごろでは、日本国内でも盛んに栽培されるようになりました。

【写真で見る】すべてのパクチー好きに捧げるパクチー醤油。パッケージもおしゃれなんです!

そんな国産パクチーが愛媛の醤油とコラボレーションしたニューウェーブなお醤油、〈Annie the Phakchi Soy Sauce(アニー・ザ・パクチー・ソイソース)〉が販売されます。お値段は120mlで680円(税抜)。アソビシステムのグループ〈TAMARIBA〉が、愛媛県庁の協力を得てプロデュースしたコラボ商品です。

その中身は、宇和島市吉田町で明治15年創業の老舗〈旭醤油〉と、名水百選にも選ばれた愛媛県西条市で作られる西条産のパクチーの組み合わせ! おしゃれなパッケージのデザインは北海道・札幌のアートディレクター・メアラシケンイチさん。このパクチー醤油を使ったレシピも公開されています。

■この愛媛産パクチー醤油を使った、河瀬璃菜さん考案レシピも公開中

この新ジャンル、パクチー醤油を使った、料理家・フードコーディネーターの河瀬璃菜さん開発のレシピもダウンロード可能です。

一般向けには、2017年3月20日(月・祝)まで駒沢オリンピック公園で開催中の〈餃子フェス 2017〉でお披露目されます。

information

愛媛県の特産品×TAMARIBAの新ブランド〈パクチー醤油〉
Web:〈アニー・ザ・パクチー パクチー醤油|Annie the PHAKCHI〉


writer profile
Akiko Saito
齋藤あきこ
さいとう・あきこ●宮城県出身。図書館司書を志していたが、“これからはインターネットが来る”と神の啓示を受けて上京。青山ブックセンター六本木店書店員などを経て現在フリーランスのライター/エディター。

【コロカルニュース】とは?
全国各地の時事ネタから面白情報まで。コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。