ここから本文です

新型エンジン燃焼実験成功=金氏視察、近くミサイル発射か―北朝鮮

時事通信 3/19(日) 7:34配信

 【ソウル時事】北朝鮮国営の朝鮮中央通信や朝鮮中央テレビなどは19日、金正恩朝鮮労働党委員長が新たに開発された高出力ロケットエンジンの地上燃焼実験を視察したと報じた。

 北西部・東倉里のミサイル基地、西海衛星発射場で行われた実験は成功し、金委員長は満足の意を表したという。

 金委員長は「この日の偉大な勝利がどれほど大きな意義を持つかを、全世界が間もなく目の当たりにすることになる」と宣言。新型エンジンを利用した事実上の長距離弾道ミサイルの発射実験が近く行われることを示唆した。今月初めから行われている米韓合同軍事演習に対抗し、弾道ミサイル開発を加速させていることを誇示し、トランプ米政権をけん制する狙いがあるとみられる。

 韓国の聯合ニュースはこの報道について「大陸間弾道ミサイル(ICBM)の試射を事実上予告した」と伝えた。韓国国防省当局者は「まだ分析中だが、北朝鮮の動向を注視している」と述べた。

 エンジン燃焼実験は、燃焼室の推進力特性やタービンポンプ装置、制御系統などの検証が目的。エンジン作動の全過程で技術的指標が達成され、システムの信頼性が保証されたという。

 具体的な日付は報じていないが、金委員長は成果を称賛し「3・18革命」と名付けた。このため実験は18日に行われたとみられる。

 米シンクタンク、米韓研究所は17日、衛星写真の分析結果として、西海発射場のロケットエンジン実験場で準備とみられる動きがあると指摘していた。 

最終更新:3/19(日) 18:42

時事通信

Yahoo!ニュースからのお知らせ