ここから本文です

前中日・川上憲伸が引退「一度はケジメを」

デイリースポーツ 3/19(日) 6:05配信

 2015年に中日を退団し、右肩手術を受けてリハビリを続けていた川上憲伸投手(41)が18日、現役生活に終止符を打つことを決めた。

【写真】川上憲伸氏が大学の後輩のドラ1投手に贈った言葉とは…

 「肩が回復すればマウンドに立ちたい気持ちがあるのは確かです。ただ、自分としても、自分を応援してくれたファンの皆さまのためにも、一度はケジメをつけないといけないと思いました」。川上は15年オフに中日から水面下で投手コーチ就任の打診を受けたが、現役続行にこだわって退団を選択。同年の9月に右太ももの筋膜を右肩の棘上(きょくじょう)筋に移植する手術を受けた。

 昨オフには四国ILp・徳島から投手兼コーチでオファーも届いていたが、ユニホームに袖を通す状態まで至らなかった。

最終更新:3/19(日) 12:59

デイリースポーツ