ここから本文です

早くも「アライフロス」の声多数!ついに最終回を迎える木村拓哉主演「A LIFE~愛しき人~」深冬の命は助かるのか?病院から追い出された壮大は?

3/19(日) 19:01配信

E-TALENTBANK

19日、最終回を迎えるドラマ「A LIFE~愛しき人~」。

先週放送された第9話では、大きなプレッシャーのかかる大手術を成功に収めた壮大(浅野忠信)が、深冬(竹内結子)の手術は沖田(木村拓哉)ではなく自ら執刀すると言う。しかし、その言葉を聞いた深冬は、手術はやはり沖田に任せたいと話し、壮大は激昂する。そして、時を同じくして、壮大が壇上記念病院の乗っ取りを画策していたことが院長・虎之介(柄本明)の知るところとなり、壮大は病院から姿を消すよう命じられてしまう…という展開を見せた。

【写真】荒んだ姿を見せる壮大(浅野忠信)

豪華キャストが実現し、リアルな医療現場の人間物語を描いた今作もついに最終回を迎える。視聴者からは早くもTwitterで「アライフロスになっちゃう…。」「もうアライフロス」「アライフロスに間違いなく、なる」「もうすぐアライフロスが来る.......」「既にアライフロスに陥っています」という意見が多数見られるほどだ。

最終回では、深冬の手術、壮大のその後、登場人物たちそれぞれの関係が描かれると思われるが、大きな問題が山積みになっており、最後まで目が離せない展開となりそうだ。最終回は、15分拡大スペシャルとして放送される。
 
 
【最終話あらすじ】
深冬(竹内結子)から手術は沖田(木村拓哉)に任せたい、と言われ激高した壮大(浅野忠信)。夫である自分ではなく、元恋人に命を託したいのか…傷ついた壮大は、虎之介(柄本明)らによる糾弾もあり、壇上記念病院から姿を消す。

深冬の手術は沖田に託され、沖田は準備を進める。そして壮大が不在のまま、深冬の手術当日を迎える。万全の体制で手術に臨んだ沖田だったが、深冬の状態が思ったよりも悪かったことを知り─。

最終更新:3/19(日) 19:01
E-TALENTBANK