ここから本文です

【WBC】日本の相手は米国!前回優勝のドミニカ共和国を下し準決勝進出

スポーツ報知 3/19(日) 14:50配信

◆WBC ▽2次ラウンド・プールF ドミニカ共和国3―6米国(18日、サンディエゴ)

【写真】06年大会で「世紀の誤審」に抗議する日本・王貞治監督

 準決勝進出をかけたF組の最終戦は、米国が6―3で前大会優勝のドミニカ共和国を下した。米国は同組2位となり、2大会ぶりの準決勝進出で21日午後6時(日本時間22日午前10時)にドジャースタジアムでE組1位通過の日本と対戦する。

 ドミニカ共和国は初回にカノの適時二塁打で先制すると、C・サンタナの右前適時打もあり2点を先行した。

 米国は3回無死一、三塁からキンズラーの遊ゴロの間に1点を返すと、イエリチが左中間へ適時二塁打を放ち同点に追いついた。

 4回に米国がスタントンが左翼ポール際に特大の2ラン本塁打を放ち4―2と勝ち越した。

 ドミニカ共和国は7回にカノのソロ本塁打で1点差に迫ったが、米国は8回1死一、二塁からマカチャンの中越え二塁打で2点を加え突き放した。

 ドミニカ共和国は2013年の前回大会の優勝チーム。米国は09年の第2回大会4強が最高で、13年は2次ラウンドで敗退している。

最終更新:3/19(日) 15:32

スポーツ報知

Yahoo!ニュースからのお知らせ