ここから本文です

【WBC】侍・武田、登板前日にカーショーに“遭遇” 「Good luck」とエール送られる

3/19(日) 21:55配信

Full-Count

ブログでツーショット写真を公開、「同じレストランで偶然」

 第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で決勝ラウンドに進出した野球日本代表「侍ジャパン」の武田翔太投手(ソフトバンク)が18日(日本時間19日)、自身の公式ホームページのブログを更新し、滞在先のアリゾナ州でドジャースのエース左腕クレイトン・カーショー投手と“遭遇”したことを明かした。

第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)順位表

 武田は「カーショーさん」とのタイトルでブログを更新。「アリゾナにて気分転換で外に食事に出たら…、なんと、、、同じレストランで偶然(^^) クレイトン・カーショウさん!」とツーショット写真を公開。カーショーが誕生日(3月19日)だったことにも言及し、「Happy Birthday!!」と綴っている。

 カーショーは、29歳にしてサイ・ヤング賞3度、MVP1度を誇る“メジャー最強左腕”。2008~11年までドジャースに所属していた元広島、ヤンキースの黒田博樹氏と親交が深いことでも知られている。150キロ台の直球、キレのあるスライダーに加え、落差のあるカーブを大きな武器とする。

憧れの投手との初対面に興奮、「マジ、かっこいい」「マジ、あこがれる」

 武田も今や日本球界を代表するカーブピッチャーとしてソフトバンクで確固たる地位を築いており、カーショーを憧れの存在と公言。ブログでは「少しだけ話せました。紳士でカッコ良くてとても優しい方でした(^^) すごーい、エグいカーブを投げますよね。マジ、憧れます。かっこいいなぁ、こんな人になりたい!」と興奮気味に“初対面”を振り返っている。

 その後も「マジ、かっこいい」、「あのカーブ凄い」、「マジ、あこがれる」などと話してたといい、時差ボケの眠さも飛んでしまうほどだったという。武田は当地で行われる19日(同20日)の練習試合・ドジャース戦に先発するが、そのことを告げると、カーショーからは「Good luck」とエールを送られたそうだ。

 侍ジャパンはドジャース戦後にロサンゼルスに移動し、21日(同22日)に準決勝(ドジャースタジアム)で米国と対戦する。メジャー最強左腕の本拠地で、世界一奪回に貢献したいところだ。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:3/19(日) 22:20
Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合8/21(月) 4:30