ここから本文です

美少女から罵倒される事が心地よいと感じる、ピュアな紳士にオススメのゲーム10選

インサイド 3/20(月) 22:00配信

この世は生き辛いストレス社会。学校の先輩や職場の上司、取引先などから理不尽な理由で罵倒されて嫌な気分になった経験、誰しも記憶にあることでしょう。ところが世の中には、同じ罵倒でも可愛い女の子からの罵倒は別腹だと言い切る紳士が一定数存在します。

【関連画像】

かくいう私もその一人。というわけで今回はそんな紳士達のために「美少女から罵倒される事が心地よいと感じる、ピュアな紳士にオススメのゲーム10選」として、スマートフォンのアプリからコンシューマーゲームまで幅広く選んでみました。紳士の皆様、どうぞ存分にご堪能ください。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

■罵倒バトラー
(開発元:JOE,Inc 価格:無料 対応プラットフォーム:iOS/Android)

めくるめく罵倒の世界に魅了された紳士の皆さまにとって、まっさきにご案内したいゲームが『罵倒バトラー』です。本作は一切の暴力行為が禁止され、その代わりにお互いを罵倒しあって相手の心を折ったほうが勝利となる”バトリング”が合法になった世界が舞台。老若男女すべての国民が罵倒に飢えているので、可愛い女の子からも存分に罵倒してもらえます。

ゲームは先行と後攻に分かれたプレイヤーが、ターン毎に増加する”テンション”を消費してカードを使いながら攻撃していくカードバトル。「ホントめんどくさいね…君って」や「ひっ、寄るな!馬鹿がうつる」など、それぞれのカードに相手を罵倒する一言が書かれていて、よくもまあこんな酷い悪口を集めたなあと思わず感心しちゃうほど。カードを集めるだけでも、(日々の生活に使えるレパートリーが増えて)面白いですよ。

■こんな妹に誰がした
(開発元:Milk Co. Ltd. 価格:無料 対応プラットフォーム:iOS/Android)

清楚で可愛い自慢の妹と久々に再会したら、同一人物とは思えないほどヤンキーになっていた…。そんな衝撃的な展開で幕を開けるのが、『こんな妹に誰がした』。「ナメんじゃねーぞ、コラ!」や「さわんじゃねー!」など、ヤンキーあるあるの罵倒が紳士の心を優しく包んでくれます。ショップ画面での「yes/no」選択が「上等/ざけんな」という言葉に置き換わっていたり、タップ操作を「アイテムボタンを凹ませたれや!」と紹介したりと、メニュー画面の端々にヤンキー要素が満ちているのも高ポイント。

ジャンルはいわゆる放置系育成ゲームでして、散らかっていく妹の部屋をスワイプ操作で片付けるほど彼女は更生していきます。更生パターンは全10種類。素直で明るくなった妹は主人公のことを罵倒してくれなくなりますが、遠い昔に言われた悪口を何度も思い出して味わうのも、紳士だけに許された侘び寂びと言えるでしょう。


■育成放置~ デレるまで、泣くんじゃない~
(開発元:goog-inc 価格:無料 対応プラットフォーム:iOS/Android)

放置系の育成ゲームでもう1つご紹介したいのが、『育成放置~ デレるまで、泣くんじゃない~』。超強気&金髪ツインテールという、紳士であれば誰もが憧れる女の子のツンとデレを心ゆくまでご堪能頂けます。罵倒好きの紳士にとって「デレは余計なのでは?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、デレはツンの味を引き立てるスパイスのようなもの。昨日まで顔を赤らめて「勘違いしないでよね」なんて言ってた女の子に、翌日邪険に扱われた時の気持ちといったらもう堪りません。Let’sエクスタシー!

「うるさい!」「視線がやらしい!」「あっち行って!」といった罵倒セリフが画面いっぱいにあふれているのも印象深い本作。ゲームが進むと委員長や先輩、妹といった別のキャラクターも登場します。開発者自ら高難易度を謳っているので攻略は難しいかもしれませんが、我々のような罵倒好きの紳士にとっては、そちらの方が好都合というものです。


■ツンデレダイエット
(開発元:Recitative 価格:無料 対応プラットフォーム:iOS/Android)

女の子から辛辣な言葉を浴びせられながら、日々の体重管理が行える『ツンデレダイエット』。身長と体重を入力するとBMI計算に基づいた適切な体重を教えてくれます。

突筆すべきポイントは、ぽっちゃり系紳士にとって心に刺さりまくる罵倒セリフが数多く用意されていること。「誰かと一緒に写真を撮ったことあるの?」「人間扱いされたいなら痩せなさい!」「言い訳するから豚なのよ」「例外なくデブはキモい」「たかがダイエットひとつできないの?無能ね」「デブが好きな奴なんて、一部の豚野郎くらいよ」「デブの気持ち悪さを例えるなら…毛虫かしら」などなど、出るわ出るわのオンパレード。筆者も自分の腹肉を摘みながら一言一言、噛みしめるように聞きました。


■全豚に告ぐ!これで痩せなきゃお前は終わりだ!
(開発元:studioLIVEX 価格:1,980円(税込) 対応プラットフォーム:PC)

【youtube:VR 全豚に告ぐ!これで痩せなきゃお前は終わりだ!/ VR the Anime Girls Method】
https://youtu.be/g6zmBq1RRHc

ダイエットネタで、もう1本。VR空間で可愛い女の子たちに時には励まされ、時には罵倒されながらダイエットに挑んでいく『全豚に告ぐ!これで痩せなきゃお前は終わりだ!』。VR作品はなかなかプレイ環境を揃えるのが難しいですが、デモ画像を見るだけでも、ある程度本作の雰囲気を掴めるのではないでしょうか。

ブロック崩し、バッティング、もぐら叩きなどなど、VR空間とはいえその運動量は本物。「これで痩せなきゃお前は終わり」という最後通告にも似た罵倒が、プレイヤーの身と心とカロリーを燃やし尽くしてくれることでしょう。


■ららマジ
(開発元:Wright Flyer Studios, Inc. 価格:無料 対応プラットフォーム:iOS/Android)

『ららマジ』は、謎の呪いによって音楽活動への気持ちが薄れていってしまった少女たちを救っていくアクションRPGです。バトルシーンは異世界が舞台となっていて、それぞれの得意楽器にちなんだ武器を華麗に操る彼女たちのアクションは爽快の一言!30名以上の個性豊かなヒロインが登場しているので、きっと本稿を読んでいる紳士の方々にも、お気に入りの子がいるはずです。

そんな彼女たちから罵倒して頂ける画面はホーム画面。頭をタップすると頬を赤らめるなど可愛いリアクションが見れますが、上半身や下半身をタップすると露骨に顔をしかめて、冷水のような言葉を浴びせてくれます。「キミがワタシと同じ人間であることに、驚きを隠せないデス!」……はい、生物学上、同じ人間に分類されていて申し訳ございません。身に余る光栄でございます。


■ニューダンガンロンパV3
(開発元:スパイクチュンソフト 対応プラットフォーム:PS4/PS Vita)

筆者が最近遊んだゲームの中でとりわけ強烈だった罵倒キャラが、『ニューダンガンロンパV3』に登場する超高校級の発明家、”入間美兎(いるま みう)”です。毎回個性的な「超高校級」の才能を持つ生徒がコロシアイに巻き込まれる本シリーズですが、とりわけ入間の性格は印象的でした。

ナイスバディで顔も可愛らしい彼女の口から発せられるのは、ここで言葉にするのも躊躇ってしまうほどの下品な下ネタのオンパレード。その強烈な罵倒の数々に、ドン引きしてしまったプレイヤーも多いのではないでしょうか。ところが彼女、他人を口撃している時はめちゃくちゃ強気なものの、ちょっとでも反論されると顔を真っ赤にしてビクンビクンと身体を震わせるのです。本稿のような罵倒ネタにここまでお付合い頂いている紳士の皆様は、そんな一面を持つ彼女に、妙な親近感を覚えるのではないでしょうか。

■元カノ(仮)と今カノと僕
(開発元:G.Gear.inc 価格:無料 対応プラットフォーム:iOS/Android)

さて、ここから紹介する3つのゲームは罵倒好きな紳士の中でも、特に上級者向けの作品となっております。『元カノ(仮)と今カノと僕』はヤンデレ系彼女の存在を隠したままクール系の美人彼女と付き合ってしまった主人公が、次々と巻き起こる危機的状況を回避しながら二股を隠し通すという、サスペンスアドベンチャー。浮気がバレるという修羅場の先にあるものは…?そうです、罵倒の時間ですね♪

ゲームは基本的に選択肢を選んでいけば良いのですが、浮気がバレそうになる要所にミニゲームが入っており、短い制限時間の中で彼女に見つかったらマズイ物を隠したり、キーアイテムを探したりとスリル満点。プレイヤーの選択でエンディングが何通りにも変化するので、繰り返しプレイも楽しめる良作アプリです。

■WHITE ALBUM2 幸せの向こう側
(開発元:アクアプラス 価格:無料 対応プラットフォーム:PS3/PS Vita)

『WHITE ALBUM2 幸せの向こう側』は、1人の青年と2人の女の子を中心としたドロドロの愛憎劇が展開される恋愛アドベンチャーゲーム。シナリオの完成度が非常に高く、本作のキャッチコピーである「もう見たくない。けれど見届けずにはいられない。」というストーリーがプレイヤーの心を鷲掴みにしてくれます。

詳細はネタバレになるので避けますが、本作はプレイヤーが選択したルートによってはヒロインだけでなく、そのご両親やご家族からも盛大に罵倒されるシナリオが楽しめます。筆者はこれまで多くの恋愛アドベンチャーゲームをプレイしてきましたが、こんな経験は生まれて初めてでした。

数々の困難を乗り越えて辿り着く、主人公たちの結末とは。全ルート攻略にはそれなりの時間を要しますが、ちゃんとハッピーエンドもありますし、筆者が大好きな作品の一つです。アニメ化もされているので、気になる方はそちらからチェックしてみるのもオススメですよ。


■あなたの事が嫌いです~青春・美少女・恋愛アドベンチャー~
(開発元:SEEC inc. 価格:無料 対応プラットフォーム:iOS/Android)

最後までお付合い頂いた紳士の中の紳士にぜひともプレイして頂きたいのが、『あなたの事が嫌いです ~罵倒アドベンチャー~』。このゲームは女の子をタップするとシナリオが進んでいくのですが、タップするほど彼女たちに嫌われていくという異色のゲームアプリです。

その嫌われ方は尋常ではなく、女の子たちは露骨に顔を歪めながらパシッ!という小気味良い音を立てて、プレイヤーの手を振り払うほど。1度聴いた罵倒セリフはギャラリーからいつでも再生できるというこだわりの機能も用意されていて、「あっ、ちょっと今、罵倒されたいかも」なんていう時に、いつでも辛辣な言葉を浴びせてもらえます。

ゲーム内でキャラクターから罵倒されるというのは、なんだかんだヒロインの照れ隠しの一種であったり、シナリオのエンディングや別ルートで結ばれたり和解したりすることがほとんどですが、本作に限ってはそのようなことが一切なく、どの選択肢を選んでも彼女たちの好感度は少しも上がりません。

この感覚は中々新鮮でして、筆者は「これはゲームだ」と頭では分かっていても、こうも清々しく真っ向から全否定されると、心に込み上げてくる何かを感じました。まさに上級紳士のための作品です。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

今回は「美少女から罵倒される事が心地よいと感じる、ピュアな紳士にオススメのゲーム10選」として、罵倒を切り口に選んでみたのですがいかがだったでしょうか。

我々は”辛い”という感覚を知っているからこそ、”甘い”という感覚を知る事ができます。それと同様、一見ストレスにしかならない”罵倒”があるからこそ、癒しを感じる側面もあるのだと思います。そして世の中には、”辛党”と呼ばれる方々がいます。であるならば、罵倒されることを好む紳士が一定数存在することも、なんら不思議ではないのです。……たぶん。

筆者は日々、「もっと痛みをくれ!」と口にしながらゲームをしております。ご紹介した作品以外にも皆様がオススメしたいと思う作品があれば、ぜひコメント欄にて教えてください。

最終更新:3/20(月) 22:00

インサイド