ここから本文です

釣りボートから親子転落 スクリューに巻き込まれ息子重傷

関西テレビ 3/20(月) 20:41配信

関西テレビ

20日朝、滋賀県の琵琶湖で釣りをしていた男性がボートから転落し、助けようとした26歳の息子が手首をスクリューに巻き込まれて重傷を負いました。


午前10時半ごろ、大津市浜大津の琵琶湖の沖合300m付近で、「2人が落水した」と消防に通報がありました。

警察が調べたところ、親子が2人でブラックバス釣りをしていて、バランスを崩してボートから転落した父親(60)を、息子(26)が助けようとして転落し、左手首をスクリューに巻きまれたということです。

2人は転落した時に自動的にエンジンを止める「キルスイッチ」を着けていなかったとみられます。

【ボートを貸した店の店長】
「(キルスイッチは)体のどこかに着けておいてもらって、外れたときにエンジンが切れるスイッチになっている。船の運転をされる方は絶対に着けておいて欲しい」

息子は手首を骨折する重傷を負っています。

最終更新:3/21(火) 0:45

関西テレビ