ここから本文です

元従業員への濡れ衣&有給未払い問題で炎上 監獄レストラン「ザ・ロックアップ」運営会社が謝罪

ねとらぼ 3/20(月) 18:08配信

 居酒屋チェーン「北の家族」や監獄レストラン「ザ・ロックアップ」などを運営するパートナーズダイニングは3月17日、従業員から申し入れられた交渉事項が円満に解決したと報告しました。店長が退職する元従業員に不正の疑いをかけるなどし、ネット上で炎上していました。

【画像:パートナーズダイニングが掲載したお知らせとお詫び】

 きっかけは2月初旬に労働組合・首都圏青年ユニオンがTwitterに投稿した画像。ザ・ロックアップ渋谷店で働いていた大学生が退職を前に有給消化を申し出たところ、店長から「●●の勤務中の不正行為等の件で証拠が上がったから、今回は自主退社では無くなりますよ?」という濡れ衣を着せられるような連絡を受け、有休分の給与が支払われていないとしていました。

 これを受けて首都圏青年ユニオンがパートナーズダイニング側に団体交渉を申し出たところ、パートナーズダイニング側は「交渉を30分で打ち切る」旨のFAXを送付したといいます。

 さらに「この会社では着替え時間の未払いもあり、支払いを求めたところ『団体交渉で着替えの実演を求める』『着替えをするときは恥部を隠せば良い。実演しないなら請求を放棄したものとみなす』と文書回答してきました」と明かし、ネット上では「監獄レストラン、バイトの実態も監獄だったとはな」「これじゃ、一生懸命、まじめに働く若者がいなくなるのも当然だな」などとパートナーズダイニング側を非難する声が高まっていました。

 その後、3月19日に首都圏青年ユニオンは「本件について、パートナーズダイニング社のHPに解決報告が載りました。ご支援頂きました皆様、ありがとうございました」とTwitterで報告。パートナーズダイニングの公式サイトには3月17日付で「今回、元従業員から労働組合・首都圏青年ユニオンを通じて申し入れられた交渉事項について、平成29年3月6日をもって円満に解決したことをご報告致します」とお知らせが掲示されました。

 またパートナーズダイニングは「元従業員に対して、不正の疑いをかけたこと、団体交渉開催時に制服の着脱実演を求めたことにより、元従業員に不快な思いをさせたことについて、当社は元従業員に対して謝罪の意を表します」と謝罪しています。

 さらに今後については「このような事が起こらないよう社内体制を含め周知徹底し、従業員の労働環境の改善に善処していく所存です」としています。

最終更新:3/20(月) 18:08

ねとらぼ