ここから本文です

G大阪・今野、代役任せろ!豪快ヘッド弾「本能」で公式戦3点目

スポニチアネックス 3/20(月) 7:01配信

 ◇明治安田生命J1第4節 G大阪1―1浦和(2017年3月19日 吹田S)

 1試合が吹田スタジアムで行われ、G大阪は浦和と1―1で引き分けた。後半12分に2年ぶりに日本代表に復帰したMF今野泰幸(34)が豪快ヘッドで先制。左膝負傷でロシアW杯アジア最終予選2試合(23日・UAE戦、28日・タイ戦)の出場が危ぶまれているMF長谷部誠(33=フランクフルト)の代役に名乗りを上げた。

 後半12分。DF呉宰碩(オ・ジェソク)の左サイドからのクロスに飛び込んだ今野が豪快なヘディングゴールを叩き込んだ。「本能ですね。今年はゴール前に入っていくのが求められている。決められて良かった」。後半ロスタイムに追いつかれてしまい「満足はないです」と表情は硬かったが、それでも今季公式戦3得点目には胸を張った。

 2年ぶりの日本代表は19日は“ポジティブ”だった。メンバー発表後は「俺に何ができるのか」と困惑気味だったが、同じポジションの長谷部が左膝を負傷。W杯予選出場が厳しい状況になった。「誰が出るかは分からないけど、練習からアピールしていきたい。(UAEに)行ってから競争が始まる。監督の要求に応えたい。全員で勝ち点3を獲りたいし少しでも貢献したい」と前を向いた。

 豊富な運動量と卓越した守備能力。後半途中からは左ウイングバックにポジションを変更しても難なくこなし、ユーティリティー性も健在だ。長谷部の状態は心配だが、今野には違った魅力がある。ベテランがハリルジャパンを救う。

最終更新:3/20(月) 7:01

スポニチアネックス

Yahoo!ニュースからのお知らせ