ここから本文です

堀ちえみ 芸能生活35年で一番の思い出は「スチュワーデス物語」

東スポWeb 3/20(月) 20:02配信

 タレント・堀ちえみ(50)が20日、都内でデビュー35周年記念ライブ「Chiemi Hori 35th Anniversary Live~ちえみちゃん祭り2017~」を開催した。

 1981年にホリプロタレントスカウトキャラバンで優勝した堀は翌82年に「潮風の少女/メルシ・ボク」でデビューした。あれから35年。3度の結婚を経て、7人の母親となった堀は、デビュー曲や日本レコード大賞新人賞を受賞した「待ちぼうけ」など全26曲を歌い上げた。

 約5年ぶりのライブに「40代と50代の体力の差といいますか、そういうのを復活させるのに結構な時間が。ボイストレーニングは続けないとダメですね」と話した。

 35年間の芸能生活で、もっとも思い出に残っているのは出世作となったドラマ「スチュワーデス物語」だという。「撮影は本当に大変だったんですが、共演者の皆さんとは今でも付き合いがあります。風間杜夫さんには現場で勉強を教えてもらっていました」

 一昨年春、特発性の難病で原因不明の「右大腿骨骨頭壊死」と診断され、人工股関節の手術を受けた。一時は歩けなくなったというが、懸命なリハビリの末に回復。「本当は35周年ライブができるとは思っていなかったんです。今は差し支えないです」と笑顔で明かした。

最終更新:3/20(月) 20:02

東スポWeb