ここから本文です

DeNA、離脱中の梶谷がぎっくり腰と告白 だが表情は明るく…

サンケイスポーツ 3/20(月) 14:02配信

 腰の違和感で離脱中のDeNA・梶谷隆幸外野手(28)が19日のソフトバンク戦後、現状を語った。「軽いぎっくり腰でした。初めてではなく、3回目かな。僕はヘルニアも持っているし。今は様子をみながら練習しています」。14日の日本ハムとのオープン戦(札幌ドーム)に出場する予定だったが、試合前の打撃練習中に発症したという。

 「腰が抜けた感じでしたね」。現在も欠場が続くが軽症ということもあり、日々こなすメニューの強度は上がっている。

 「ティー打撃もしているし、キャッチボールでも30メートルくらいは投げている。(ぎっくり腰は)初めてではないので、これ以上はだめというのが分かっている」

 31日にシーズンが開幕する。復帰が待たれるが、梶谷は「西武戦(25、26日、メットライフドーム)には出場できると思う」と明るい表情で見通しを語った。

最終更新:3/20(月) 14:02

サンケイスポーツ