ここから本文です

春分天気下り坂 21日にかけて雨、風強まるおそれ

ウェザーマップ 3/20(月) 5:30配信

 きょう20日(月・祝)は西から天気が崩れ、九州地方の早い所は、午前中に雨の降り出す所がありそうだ。雨の範囲は、夜にかけて中国・四国地方に広がり、夜遅くには近畿南部の一部にも雨雲がかかる見込みだ。

 日本付近は広く高気圧に覆われていて、きのう19日(日)は、全国的に晴れて昼頃には4月上旬から中旬並みの気温となった所が多かった。きょう20日(月)も、東・北日本を中心に晴れて、日中の気温はきのうと同じくらいまで上がりそうだ。ただ、朝には東シナ海で前線を伴った低気圧が発生し、発達しながら東へ移動する予想。20日午前5時時点で、それらに伴うまとまった雨雲が九州にかかってきている。
 夜にかけて、九州や中国、四国地方で雨となり、特に九州南部や南西諸島では活発な雨雲がかかるおそれがある。また風も強まる予想だ。短時間の強い雨や落雷、突風などとともに強風や高波にも注意が必要となる。

 21日(火)にかけては、低気圧が本州の南岸を発達しながら東へ移動する予想。さらに、別の低気圧が北日本に接近する見込み。このため、東・北日本にも雨や雪の範囲が広がり、風も強まる見通しだ。また、日中の気温も20日(月)に比べて低くなる所が多そうだ。
休み明けは、朝の通勤・通学の時間帯から路面の状況が悪くなる可能性もあるため、時間に余裕を持った行動を心がけるとともに、気温の変化にも注意したい。

最終更新:3/20(月) 5:30

ウェザーマップ

Yahoo!ニュースからのお知らせ