ここから本文です

スマホを見続ける乗客に中づり広告の内容を 「LINE」を使って実証実験

3/20(月) 18:00配信

乗りものニュース

東急東横線などで2週間実施

 AIRDOと東急エージェンシーは2017年3月17日(金)、「LINE Beacon」の技術を活用し、電車の中づり広告とコミュニケーションアプリ「LINE」を組み合わせた実証実験を行うと発表しました。

【画像】中づり広告×LINEの実験イメージ

「LINE Beacon」は街なかなどに設置されたビーコン端末からの信号情報と連動し、「LINE」上でユーザーとコミュニケーションを取れるサービスです。

 電車内でスマートフォンを使う人が増えてきていることから、既存の交通広告である中づりと、スマホアプリの「LINE」を組み合わせて、広告効果の向上を図る実験が行われます。

 期間は3月20日(月)から4月2日(日)までの2週間。車両は東急東横線や横浜高速鉄道みなとみらい線を走る44編成です。西武線や東武線など、直通先の路線でも体験できます。

実験の具体的な中身は?

 実験では、AIRDOの「北海道へ行こう!当たる2week!キャンペーン」を展開。乗客が車内にて、Bluetoothオンの状態で「LINE」を立ち上げると、「LINE Beacon」の信号を受信して、このキャンペーンを告知する緑色のバナーが表示されます。

 告知バナーをタップして指示に従って進むと、キャンペーン応募用のメッセージが届くという仕組みです。エントリーすると抽選で東京~北海道間の往復航空券などが当たります。

 2社によると鉄道において、「LINE Beacon」を活用した取り組みは日本初。東急エージェンシーは、今後もデジタルテクノロジーを活用し、交通広告や屋外広告と掛け合わせることで、広告手法の活用法を進化させていくとしています。

乗りものニュース編集部