ここから本文です

ヴェンゲルの後任はやはりトゥヘルか アーセナルがドルトムント指揮官に就任要請と独紙

3/20(月) 14:50配信

theWORLD(ザ・ワールド)

イングランド行きで一流監督の仲間入り?

ブンデスリーガのドルトムントで指揮を執るドイツ人監督トーマス・トゥヘルに対し、アーセナルから誘いが届いているようだ。

ドイツの有力紙『Bild』は“ドルトムントのトゥヘル、アーセナルから就任要請を受ける”と報じ、43歳指揮官のプレミアリーグ上陸の可能性を伝えている。現在ガナーズを率いるアーセン・ヴェンゲル監督は、かねてより今季限りでの退任が噂されており、先日には「もうじき皆さんに私の進退に関することを伝えられるだろう」と発言。これを事実上の退任宣言と捉えるイングランド現地メディアも存在し、現在はその後任として多くの名前が取り沙汰されている状況だ。

2015年よりユルゲン・クロップの後任としてヴェストファーレン・シュタディオン(シグナル・イドゥナ・パルクの旧称)へ上陸したトゥヘルは、これまでにシュツットガルトユースやアウクスブルク、そしてマインツといったチームを指揮。若手選手を重宝する姿勢や、試合毎に戦術を大幅に変更する手腕は多くの注目を集めてきた。

果たしてこの優秀な若手指揮官は自身のキャリア初となるプレミアリーグへ上陸することになるのだろうか。今後の動向に注目したい。

http://www.theworldmagazine.jp

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合