ここから本文です

ラニエリの後任はイタリア路線だった!? プランデッリ監督、レスターのオファーを拒否その理由は

3/20(月) 21:30配信

theWORLD(ザ・ワールド)

シェイクスピア監督のもと絶好調のレスター

レスター・シティは2月、クラウディオ・ラニエリからアシスタントコーチだったクレイグ・シェイクスピアに監督を交代し、その後怒涛の公式戦4連勝、UEFAチャンピオンズリーグでも奇跡の8強入りと絶好調だ。だがラニエリ監督の後任にはイタリア路線を継続し、チェーザレ・プランデッリ監督が就任する可能性があったようだ。

プランデッリ氏は『SFR Sport』で「レスターからアプローチがあったが、すぐさまNoと答えた。ラニエリ監督がどんな扱いを受けてクラブを追われたのか見た後なら、そこには行きたいと思わないだろう」と語った。

そして「ラニエリ監督は特別なことを成し遂げた。忘れ去ることができない歴史的なタイトルを獲得したが、その数ヶ月後にチームを追い出された」と語り、すべての責任がたった一人にあるわけでないとして同じイタリア人指揮官を擁護した。レスターはイタリア路線を継続することはなかったが、シェイクスピア監督のもと、スタメンを昨季のメンバーに近づけて原点回帰を果たしている。

http://www.theworldmagazine.jp

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合