ここから本文です

ムネリンが名将に聞いた! 侍世界一奪還へのヒント

日刊スポーツ 3/20(月) 10:08配信

 世界一奪還へのヒントは、世界一監督に聞こう! 侍ジャパンが18日(日本時間19日)、練習試合を行ったカブスは昨季のワールドシリーズチャンピオン。108年ぶりにチームを頂点に導いたのは知将として知られるジョー・マドン監督(63)だ。試合前に現地メディアがマドン監督の囲み取材をしている中に潜入。どうしたら日本が再び優勝できるのか、思わぬ救世主の助けも借りながら教えてもらった。

【写真】試合前、ハグする青木とカブス川崎

 侍ジャパンが試合前練習を始めようとしている時だった。メイン球場から約200メートル離れたカ軍のクラブハウスから、白ひげを蓄えた貫禄十分のナイスミドルが、ゆっくりと歩いて出てきた。現地メディアが一斉に取り囲む。マドン監督だ。やや、出足が遅れたが囲み取材に参加。約8分後、意を決して話せない英語で質問した。事前に調べた内容。準決勝、決勝の舞台のドジャースタジアムで日本が勝つには、何に気をつければいいですか?

 マドン監督 まずドジャー・ドッグを食べること。めちゃくちゃ長くて、おいしいんだよ。

 囲み取材後に録音した音声を、英語の分かる記者に訳してもらって分かった。世界一有名といわれるホットドッグを食べることを真っ先にアドバイスされた。ん? 世界一になるには、なんでも世界一のものを制しなさいということか…。囲み取材が終わり、再びマドン監督をつかまえた。また、事前に調べた英語で聞いた。他には何かありませんか?

 マドン監督 !$%&…

 英語が分からない。固まっていると、救世主が目の前に現れた。ムネリンだ。メジャーで大人気者となった川崎が、試合前にもかかわらず、通訳を買って出てくれた。

 川崎 ヒー イズ ニューズペーパー ライター

 まずは、記者のことを紹介してくれた。ありがとう、ムネリン。助かる。それで、どんなことを言ってくれているのですか?

 川崎 ドジャー・ドッグを食べることと赤ワインも有名だから飲むこと。焼酎も大事だ。

 後で分かったが、焼酎はムネリンが付け加えたアドバイスだったらしい。ただ、重要なキーワードを通訳してくれた。

 川崎 歴史のある球場だから、楽しんでほしい。楽しむことが大事だ、と言っているよ。

 大一番でも、その場の雰囲気を楽しむ「遊び心」が重要だと説いてくれた。昨季は「ヤギの呪い」なども解いて108年ぶりの世界一に導いた。侍ジャパンの「準決勝の呪い」も解いてくれそうな、世界一の知将の金言だ。そして、もうひと言付け加えた。「あまり焦るな。ゆっくりいこうぜ。日本の野球は基礎がしっかりしているから」。マドン監督に言ってもらえると心強い。【木下大輔】

最終更新:3/20(月) 10:53

日刊スポーツ