ここから本文です

ジミー大西の半生描くドラマに佐藤浩市出演、大竹しのぶ役で池脇千鶴も登場

映画ナタリー 3/21(火) 6:00配信

明石家さんまが企画・プロデュースを手がけるNetflixオリジナルドラマ「Jimmy ~アホみたいなホンマの話~」の追加キャストが発表された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

全9話構成の本作は、画家としても活躍するジミー大西の半生を描いたヒューマンドラマ。ジミー大西を中尾明慶、さんまを小出恵介が演じる。

今回、さんまとともに数々のバラエティ番組を生み出してきたプロデューサー三宅恵介を佐藤浩市が演じることが明らかに。また、さんまとドラマ「男女7人夏物語」で共演し後に結婚する大竹しのぶ役を池脇千鶴、ジミー大西が高校時代に所属していた野球部の顧問役を生瀬勝久、定食屋のおかみ役を手塚理美、ジミー大西が運び込まれる病院の医師役を温水洋一が務める。ほかに山崎銀之丞、徳永えり、楊原京子、金井勇太、山西惇、丸山智己の出演が発表された。

「Jimmy ~アホみたいなホンマの話~」は、2017年夏に世界190カ国で同時配信。

佐藤浩市 コメント
さんまさんが企画プロデュースと聞き及び駆け付けたら、今回はこれでと封筒を渡されたので、無礼者!!と投げ返しました。

(c)2017YDクリエイション

最終更新:3/21(火) 6:00

映画ナタリー