ここから本文です

『美女と野獣』、『ハリポタ』超えエマ・ワトソン主演作NO.1スタート!主題歌PVも到着

cinemacafe.net 3/21(火) 12:45配信

エマ・ワトソンを主演に迎え、ディズニー・アニメーションの不朽の名作を実写映画化した『美女と野獣』。3月17日に公開された全米では3月公開作品のオープニング記録を更新、『ハリー・ポッター』シリーズのオープニング記録を抜き、エマの主演作品史上NO.1を獲得したことが分かった。

【画像】『美女と野獣』ビジュアル

“人と違う”ことを自分だけの輝きに変えるベルと、“人と違う”外見に縛られ本当の自分を受け入れられない野獣。そんな2人の心の交流と愛を、『シカゴ』『ドリーム・ガールズ』のビル・コンドン監督のもと豪華キャストで実写映画化した本作。

3月17日より全米4,210スクリーンで公開され、オープニング3日間1億7千万ドルで、昨年の『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』を凌ぐ3月公開作品のオープニング記録を更新。また、主要44の国と地域で公開されると、中国:4,480万ドル(50億1,760万円)、UK:2,280万ドル(25億5,360万円)など驚異的な数字を獲得し、全世界ではすでに3億5千万ドルを達成! ディズニー・アニメーションの名作を実写化した『マレフィセント』『シンデレラ』などを超える記録的数字で、2017年公開作品NO.1の大ヒットスタートとなった(※すべてBOX OFFICE MOJO調べ)。

アニメーション史上初めてアカデミー賞作品賞にノミネートされたアニメ版『美女と野獣』は、主題歌がアカデミー賞、ゴールデン・グローブ賞、グラミー賞を受賞。多くの人々に愛され続けてきた名作だけに、実写化にあたっては不安を唱える声もあったが、早くもコンドン監督には “アニメーションの世界観を壊すことなく、いまを生きる人々の心に響く新たな名作を誕生させた”と絶賛の声が上がっている。観客の感想を調査する「シネマスコア社」の調査結果はA判定で、観客の満足度も高く、今後も観客数を伸ばすことが予想される。

また、全米の前売り券発売サイト「ファンダンゴ」が1月30日に前売り券を発売開始すると、驚異的な売り上げを記録していた本作。そんな公開を心待ちにしていた人々が最も注目していたのが、エマがベルをどう演じるのか。自分らしく生きる心優しい女性であるベルを、教養も独立心もあり、“ハーマイオニー”として世界中の女性たちから愛されてきたエマが演じると決まったときからファンの期待は高まるばかり。エマはそんな人々の期待に見事に答え、素晴らしい歌声でアラン・メンケンの名曲を歌い上げ、黄色のドレスを身にまとい、ボール・ルームで野獣と心通わせ、華麗なダンスを披露。まさに誰もが待ち望んでいたベルそのものと称賛を浴びている。

さらに、この全米大ヒットスタートを受け、アリアナ・グランデ&ジョン・レジェンドが歌う主題歌「美女と野獣」のPVも公開。アラン・メンケン作曲、ハワード・アシュマン作詞による美しいナンバーを注目の2人で歌い上げる本楽曲は、3月15日付のUSENランキングで見事第1位を獲得、iTunesのアルバムランキングでは本作のオリジナル・サウンドトラック(英語版)が第3位に入るなど、すでに日本でも話題沸騰中。

PVでは、魔女の呪いで野獣に姿を変えられ心を閉ざして暮らす王子(ダン・スティーヴンス)と、周囲から“変わり者”と呼ばれ心に孤独を抱えたベル(エマ・ワトソン)が心を通わせていく姿が、アリアナとジョンの歌声にのせて描かれている。ベルと野獣だけでなく、2人を優しく見守るお城の住人の姿や、ベルと野獣の行く手を阻むガストン(ルーク・エヴァンス)の荒々しい映像も加わり、日本公開を心待ちにするファンにもたまらないPVとなっている。


『美女と野獣』は4月21日(金)より全国にて公開。

最終更新:3/21(火) 12:45

cinemacafe.net

Yahoo!ニュースからのお知らせ