ここから本文です

『ターミネーター』シリーズ新作、製作中止?

cinemacafe.net 3/21(火) 13:15配信

『ターミネーター』シリーズ新作の製作が中止となったようだ。

32年前にこのシリーズで一躍有名になったアーノルド・シュワルツェネッガーが、2015年作『ターミネーター:新起動/ジェニシス』でサラ・コナー役を演じたエミリア・クラークとともに年内にも新作に取り掛かる予定であると見られていたが、製作を務める「パラマウント」の上層部が中止を決断したと報じられている。

【写真】アーノルド・シュワルツェネッガー/フォトギャラリー

ある関係者は「NewYork Daily News」紙に「『ターミネーター』とアーノルドの話はなくなりました」「スタジオ側は続編を製作予定から完全に削除しました。これは新たな続編に向けたプリプロダクションやいかなる予定がないことを意味します。キャストたちは長期間の契約をオファーされていましたが、実現しなくなったようです」「『新起動/ジェニシス』はシリーズの新たな始まりという見方をされていましたが、評判もイマイチでしたし、スタジオの重役たちも利益は挙げたもののまた新たに作る意欲を失ってしまったようです」と話している。

ほかのスタジオが権利を買い取る可能性こそあるものの、シュワルツェネッガーが今年70歳を迎えることを考えると困難と見られているようだ。「独立系の製作会社が必要になりますし、70歳のアーノルドにまたあの役を演じてもらうのは難しいかもしれません」と前述の関係者は続けた。

先日には、同シリーズをゲイル・アン・ハードと生み出したジェームズ・キャメロンが『ターミネーター』新作の監督を打診されたと報じられていたところだった。キャメロンは1984年のオリジナル作品と『ターミネーター2』ではメガホンを取っていたものの、2003年作『ターミネーター3』2009年作『ターミネーター4』、2015年作『ターミネーター:新起動/ジェニシス』には参加していなかった。

(C) BANG Media International

最終更新:3/21(火) 13:15

cinemacafe.net

Yahoo!ニュースからのお知らせ