ここから本文です

米国、決勝進出へ意欲=WBC

時事通信 3/21(火) 9:52配信

 米国のリーランド監督は「この大会を記憶に残るものにしたい」と言葉に力を込める。過去3大会では決勝に進んだことがないが、今回は強力打線が試合を重ねるごとに勝負強さを増し、期待が高まる。2次リーグまで6試合で1本塁打、5打点のホズマーは「日本は基本に忠実でミスが少ない。こちらも自分たちのやるべきことをやる」と話した。

 準決勝の先発は大リーグで昨季16勝の右腕ロアーク。1次リーグのドミニカ共和国戦の2番手で投げ3失点して以来の登板となる。「負ければ終わりの大事な一戦。全てを出し切りたい」と意気込みを示した。(ロサンゼルス時事)

最終更新:3/21(火) 9:54

時事通信

Yahoo!ニュースからのお知らせ