ここから本文です

<WBC>バレンティン先制2ラン

毎日新聞 3/21(火) 12:56配信

 ◇WBC準決勝(20日) オランダvsプエルトリコ

 主砲のバットから放たれた豪快な一発。初の決勝進出を狙うオランダの4番・バレンティンが一回、左翼席に運ぶ先制2ランでスタンドをどよめかせた。

 完璧にとらえた。一回2死三塁で打席に入り、相手先発のロペスと対戦。カウント2-2からの5球目、直球が真ん中に入る失投をバレンティンは見逃さない。打球は左翼席中段に飛び込む今大会4本目のアーチとなった。1点を追う五回には同点の口火を切る左越え二塁打を放った。

 「どの打席でも集中している」とバレンティン。前回の2013年大会で、オランダは準決勝に進む躍進を遂げた。しかし、それで満足するはずもない。今大会には「決勝にいけるよう、やれることは何でもやる」と意気込んで臨み、2次リーグまでの6試合で打率5割9分1厘をマークするなど持ち味の長打力に加え、つなぎの打撃でもチームに貢献してきた。

 4番の重責を果たし続けているバレンティン。ダッグアウトのミューレン監督は頼もしそうに打席でのその姿を見つめていた。【田中義郎】

最終更新:3/21(火) 13:09

毎日新聞

Yahoo!ニュースからのお知らせ