ここから本文です

【高松宮記念馬体診断】レッドファルクス

デイリースポーツ 3/21(火) 12:19配信

 「高松宮記念・G1」(26日、中京)

 出走馬の立ち姿の写真と馬体診断をデイリースポーツのホームページに掲載する大好評企画。馬を見る目に定評のある僚紙・馬サブロー調教班の石堂道生(美浦)、吉田順一(栗東)の両トラックマンが、高松宮記念に出走を予定する各馬をA~D評価しました。週末の予想にお役立てください。

【写真集】高松宮記念馬体診断

 【レッドファルクス 評価=B】

 横の姿では牡馬にしては薄手で、すっきりしたフォルム。短距離馬特有の豊富な筋肉量を誇るタイプではなく、これまでと変わらずがっちりとし過ぎていないのが当馬の特徴で、今回もバランスは崩れていない。

 スプリンターズSの1週前の立ち姿と比較して張り自体は少し物足りなさが残るものの、放牧先でも乗り込みをしっかりと進められ、1週前は美浦Wコースで長めから意欲的な調整を消化。馬体的にはきっちりと仕上がっており、態勢は整っていると判断していい。

(馬サブロー美浦・石堂道生)

 〈1週前追い切り診断〉美浦Wで6F82秒7-38秒1-12秒6(強め)。僚馬を大きく追い掛けたため最後は手応えが甘くなったが、この馬らしいしぶとさできっちりと併入に持ち込んだ。この1本でグッと良くなってきそう。

最終更新:3/22(水) 9:40

デイリースポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

Yahoo!ニュースからのお知らせ