ここから本文です

2月の白物家電出荷、3.3%増

時事通信 3/21(火) 13:00配信

 日本電機工業会(JEMA)が21日発表した2月の白物家電の国内出荷額は、前年同月比3.3%増の1740億円となった。プラスは6カ月連続。省エネ製品に対する関心が引き続き高く、消費電力が少ないエアコンや洗濯機が全体をけん引した。

 主な製品では、エアコンが5.6%増の456億円、洗濯機が12.2%増の295億円だった。冷蔵庫は3カ月ぶりにプラスに転じ、1.0%増の298億円となった。 

最終更新:3/21(火) 14:28

時事通信