ここから本文です

大原櫻子が卒業式にサプライズ登場!その歌声に卒業生も涙

ニッポン放送「しゃベル」 3/21(火) 1:45配信

3/18(土)、座間市にある神奈川県立向陽館高校にて『ミュ~コミ+プラス presents 思い出の卒業式をプロデュース』が行われた。

学校生活の中でも最後の大イベント「卒業式」。そんな卒業式をより思い出に残るものにするべく、ニッポン放送「ミュ~コミ+プラス」が豪華ゲストを呼び、サプライズで式をプロデュースする企画。そのサプライズに駆けつけてくれたのは、番組にも過去何度も出演し、かつて『オールナイトニッポン0』や『Happy Tuning!!』などで縁の深い大原櫻子。今回、新曲の『ひらり』が卒業ソングでもあることから、この企画に賛同してくれ、快く参加してくれることとなった。

そして、この企画に応募してくれたのは、今年同校を卒業する女子生徒の西島さん。かねてから『ミュ~コミ+プラス』のリスナーで、卒業式が近づく中、今ひとつ同級生のスイッチが入っていないのを見て「何とか思い出に残る卒業式にしたい」と思い、応募したという。
その彼女の純粋な想いは、番組スタッフだけではなく、「普段真面目な西島がそこまで言うなら」と向陽館高校の先生たちの心も動かし、同校での企画実施が決まった。

当日、登校前の学校でスタンバイが必要なため、早朝から学校に集合する。校舎に入ると「あ~、学校だ~」「うわ~、懐かしい」と一斉に懐かしさを噛みしめつつ、大原櫻子も8時ごろ体育館に到着し、すぐさまリハーサル。と、その後は、今度はバレないように校舎の一角に身を潜めつつ、ひたすら卒業式が終わるのを待つ。慌ただしさと長い待ちの混在する中、サプライズに備える。

卒業証書授与式の途中、バレないように身を潜めつつも、その様子を覗いてみることに。約200名の卒業生が次々と壇上にあがり、証書を受け取るお馴染みの光景。衣装は普通の制服の子もいれば、白やグレーのスーツの男子生徒、髪の毛に大きな飾り物をつけている女子生徒など様々。そんな生徒たちと会場の雰囲気を見て、観賞に浸りつつも、徐々に緊張感が押し寄せてくる。

11時過ぎ。校歌斉唱ののち、先生から閉式の言葉が告げられると、この後の自由参加の特別企画の旨が伝えられる。その中で「カメラが入っています」という言葉に少し生徒たちがざわめき出す。

そして、そのマイクを引き継ぐ形で、吉田アナが登場。「ニッポン放送という放送局のアナウンサーです」「オールナイトニッポンとかやっている放送局なんですが聴いたことありますか?」と自己紹介、番組の説明、企画の趣旨が告げられ、壇上にいよいよ大原櫻子を呼び込む。

「それではご紹介しましょう!大原櫻子ちゃんです!!」

その言葉とともに会場からどよめきが起こり、本人の登場によって、さらに歓喜の悲鳴があがる。体育館全体が騒然とする中、吉田アナのインタビューの元、卒業式にまつわるトークを経て、いよいよ『ひらり』の生ライブへ。

1/2ページ

最終更新:3/21(火) 2:25

ニッポン放送「しゃベル」