ここから本文です

VR空間に描くライブパフォーマンスを「SENSORS IGNITION」で体験!VRアーティスト・せきぐちあいみ

3/21(火) 14:31配信

SENSORS

3/23(木)虎ノ門ヒルズで行われる“テクノロジー×エンターテインメント×ビジネス“の祭典「SENSORS IGNTION 2017」。
展示エリアは、「スタートアップ」「アカデミック」「VR」「IoT・クリエイティブ」と、様々なジャンルから企業・クリエイターが集結。このエリアは入場無料(要事前登録)。事前登録は「SENSORS IGNITION」サイト(http://www.sensors.jp/ignition/)より。今回は、この「VR」ゾーンに出展予定のVRアーティスト・せきぐちあいみ氏に当日の見所についてコメントを頂いた。

3/23@虎ノ門ヒルズ「SENSORS IGNITION 2017」展示エリアを一挙紹介!

--今回のパフォーマンスや展示される内容を教えてください。

VR空間に描いた立体アートの展示です。また、VR空間にリアルタイムに描いていくライブパフォーマンスもさせて頂きます((1)11:40~(2)14:00~(3)15:10~(4)17:50~ 各回10分ほど 変更・追加の可能性あり) 。文章や画像ではすごくイメージがしにくいと思いますが、360度VRアートの世界に入り込めるという新感覚を是非生で体感して頂けたら幸いです。

--どんな機材、システムなのでしょうか?

VRアートの中を歩き回れる没入度の高いHTC Viveと、OSやバッテリーが一体型で軽量のIDEALENSというVRデバイスを使用します。ライブパフォーマンスでは、私がHTC Viveを使ってリアルタイムにVR空間に描いていきます。そして私自身がVR内で見ている視界をモニターに表示することで共有してご覧頂きます。

--こういったVRパフォーマンスを始めたきっかけは何ですか?

元々3Dペンの公認アーティストをしており、立体に描くのが好きでした。昨年取材でたまたま「TiltBrush」というVRペイントソフトを体験し、その魔法のように空間に描いていける感覚にハマり、SNSに投稿したら問い合わせやご依頼を頂くようになりました。世界を作れるという感覚は最高です。そして、私が作った世界に人が入り込めるというのもまたたまりません。

--どういった方に特に楽しんで頂きたいでしょうか?

もちろん全ての方にご覧頂きたいですが...VR初めて!という方と、VRデベロッパーなどの玄人の方、両極端の方々に特に見て頂きたいです。初めての方にも楽しみやすく、気軽にVRの魅力や可能性を感じて頂けると思います。また、最先端のテクノロジーでありながら、手書きで描いているのでアナログ的な人間味を感じられます。

--VRの将来について、期待されていることを教えてください。

軽量化、複数人数での共有、現実との複合(AR,MR)、低コスト化など...目先の将来に対する期待はすぐ叶うのではないかと思いますし、とても楽しみです。私個人としては多くの方に手軽にハイスペックで没入感の高いデバイスで鑑賞してもらえる環境が理想です。全ての人がVRを体験、導入することで、各々の化学反応がいたるところで起こり現実世界が果てしなく広がるんでしょうね。よく、「VRが進化したら現実に行きたくなくなるじゃーん」なんていう意見も耳にしますが、私はVRが進化するほど現実世界が輝かしいものになる可能性が満載だと思います。

1/2ページ

最終更新:3/21(火) 14:31
SENSORS