ここから本文です

膨らむ新生活への期待 制服品定め/八戸市内

デーリー東北新聞社 3/21(火) 10:02配信

 4月に始まる新生活への期待に胸を膨らませながら、準備にいそしむ年度末。青森県八戸市内の衣料店では20日、高校に進学する生徒が真新しい制服を買い求めた。

 青森県立高校の合格発表後の3連休。同市十三日町のチーノにある「マルマツ」では、23日の注文締め切りを前に新1年生が続々と来店。着心地を確かめ、親と相談をしながらサイズを決めていた。

 八戸西高に通う予定の男性(15)は「これまで学ランだったのでブレザーは初めて。新しい制服で、新しい友達といろんな挑戦をしたい」と入学が待ち遠しい様子。

 県立八戸東高に進む女性(15)は「憧れの制服の袖に腕を通せて本当に幸せ。毎日5時間、受験勉強を頑張ったかいがあった」と語り、改めて合格の喜びをかみしめていた。

デーリー東北新聞社

最終更新:3/21(火) 10:02

デーリー東北新聞社

Yahoo!ニュースからのお知らせ