ここから本文です

第39回全国選抜高校テニス大会が開幕、初日は男女団体1回戦<テニス>

tennis365.net 3/21(火) 11:07配信

第39回全国選抜高校テニス大会

高校日本一を決める、第39回全国選抜高校テニス大会は21日、博多の森テニス競技場室内コートで開会式が行われた。

【第39回全国選抜 男子組み合わせ】

男女各48校の入場行進が行われた後、熊本工(熊本)主将の米田涼と八代白百合(熊本)主将の早川来夢による選手宣誓が行われた。

そして、昨年度優勝校の男子・湘南工科大附(神奈川)と女子・野田学園(山口)により優勝旗ならびに優勝杯が返還され、最後に大会20回出場の新田(愛媛)の表彰が行われ、開会式は終了となった。

今大会は21日から25日に団体戦、23日から26日に個人戦が行われる。団体戦はダブルス2本、シングルス3本の計5試合のうち3勝した高校が勝ち上がる。

大会初日の21日には男女団体戦の1回戦が行われる。

個人戦はシングルスのみで、各出場校のナンバー1に登録された選手が出場資格を得られ、自校の団体が終了した時点から出場する変則型のトーナメント方式で行われる。(団体決勝に勝ち上がったチームのナンバー1選手は、個人の準決勝から出場する)個人戦の優勝者は全米オープン・ジュニアの予選出場資格が与えられる。

昨年の団体戦は、男子が湘南工科大(神奈川)、女子は野田学園(山口)が優勝。個人戦は、男子は菊地裕太(相生学院)、女子は清水映里(山村学園)がタイトルを獲得し、全米オープン・ジュニアの予選出場資格を手にした。

tennis365.net

最終更新:3/21(火) 11:07

tennis365.net