ここから本文です

富山市内への誘客目指し 商業施設と松川遊覧船が提携/富山

3/21(火) 23:40配信

チューリップテレビ

 お花見のシーズンを前に、「とやマルシェ」などを運営する会社と松川遊覧船を運航する会社が、今週末から料金の割引などでタイアップすることになりました。

 「とやマルシェ」と「マリエとやま」を運営するJR西日本のグループ会社・富山ターミナルビルは、松川遊覧船を運航する富山観光遊覧船との間で、お互いのPRを約束する協定を結びました。
 これによって、「とやマルシェ」と「マリエとやま」の店内では今月24日から松川遊覧船の乗船料の割引券が配布され、無料で受け取ることが出来ます。
 また、松川遊覧船の乗船券を購入すると、「とやマルシェ」内のすべての店舗と「マリエとやま」6階のレストランで使える割引券付きのチラシが渡されます。
 割引券などの有効期間は、今年11月下旬までです。
 富山ターミナルビルは、富山駅を利用する県外客に市内観光の魅力をPRすることで、富山市内への誘客を促したい考えです。
 富山ターミナルビルがこうした協定を結ぶのは、富岩運河水上ラインと北陸銀行の所有する美術館につづき、3箇所目となります。
 金澤(かなざわ)社長は、「今後は文化施設などにも協定を広げていきたい」と話していました。

チューリップテレビ