ここから本文です

【ブラジル】農業機械が復調 2月の販売、生産伸びる

サンパウロ新聞 3/21(火) 1:15配信

 農業者らが投資を再開させたことなどが好影響し、国内における2017年2月の農業機械の販売台数は前月比16.2%増、16年2月比33.5%増の3235台に上った。また、今年1、2月累計の販売数は6018台と16年同時期を49.9%上回った。全国自動車工業会(Anfavea、自工会)が7日発表、伯メディアが同日付で伝えた。

 自工会のアナ・ヘレナ・デ・アンドラーデ副会長は「農地にはいまだに大きな機械化の余地があり、我々は国のために適切なレベルへと戻っている」と話す。同氏によれば、農業機械への投資再開は昨年7月以降「しっかりとした形」で起こっている。

 2月には農業機械の生産台数も拡大した。同月の生産数は前月比53.8%増、前年同月比52.5%増の4631台に上り、1、2月の累計は前年同期比62.9%増の7642台となった。

 また、2月の輸出台数は前月比55.1%増、前年同月比18.8%増の740台。年初2カ月間では16年同時期よりも27%多い1217台を輸出した。

サンパウロ新聞

最終更新:3/21(火) 1:15

サンパウロ新聞

Yahoo!ニュースからのお知らせ