ここから本文です

本田翼、ノンノ新モデルに“笑顔”の秘訣を伝授! 「カメラを好きな人に例えて」

3/21(火) 21:42配信

クランクイン!

 女性ファッション誌「non‐no(ノンノ)」の創刊45周年イベントファイナルとしてノンノ5大モデルトークショー&新モデルお披露目発表会が21日、都内で開催され、同誌モデルの本田翼、新川優愛、新木優子、鈴木友菜、西野七瀬(乃木坂46)が出席。本田は、5人の中央で、新木らにポージングを指示するなどマイペースな仕切りで場を和ませた。

【関連】「non‐no(ノンノ)」創刊45周年記念イベント<フォトギャラリー>


 本イベントでは本田たち5大モデルが初めて揃った他、新non‐noモデル3名の松川菜々花、山田愛奈、渡邉理佐(欅坂46)と36名の「non‐noカワイイ選抜」が登場し、会場を華やかに彩った。

 本田ら5人はイベント中盤、新モデルの後輩3人から質問を受けることに。新川と新木が新モデルの松川から「甘め・辛め」のコーディネートについて質問を受けると、本田がニヤニヤしながら「(鈴木)友菜ちゃんがね、『見たいな』って、ポーズ」と二人にポージングを要求。新川と新木を立たせ、「せーのっ!せーのっ!」と掛け声をかけて複数のポージングを求めた。

 また本田は山田からカメラの前で笑顔を作るコツを問われ、「最初よく言われたのは、『カメラを仲のいい友達や好きな人に例えて笑いかけるといい』とカメラマンさんに教えてもらった。笑ってシワができるのはどうしようもない。シワができなかったら怖いし。自分の気になることは良い方にいかしていけるくらいの表情作りを一緒に目指しましょう」とアドバイスを送った。

 アイドルグループ乃木坂46の西野は「始めた頃は、緊張で全身に力が入っちゃって(ポージングや表情が)全然固かった。カメラマンさんやスタッフさんが助言をしてくださって、それを学習して次の時にいかしていきました」と撮影初期のエピソードを披露。さらに「休憩を一切取らずにやっていた記憶があるので、今思い返すと息抜きしつつやったほうが良かったかな」と述懐し、少し反省した様子を見せていた。

最終更新:3/21(火) 21:42
クランクイン!