ここから本文です

UAE代表、過去日本戦で活躍のボランチが負傷離脱…2015年アジア杯でアシスト

SOCCER KING 3/21(火) 1:43配信

 UAE(アラブ首長国連邦)サッカー協会は19日、日本代表との対戦を控えるUAE代表からMFアメル・アブドゥルラフマンが負傷離脱したことを公式サイトで発表した。

 A・アブドゥルラフマンはひざの負傷により離脱。2018 FIFAワールドカップロシア アジア最終予選のホーム・日本代表戦(23日)とアウェイ・オーストラリア代表戦(28日)は欠場が決まった。

 現在27歳のA・アブドゥルラフマンは守備的MFを主戦場としており、過去の日本戦では活躍を見せていた。日本がPK戦の末に敗れた2015年1月のAFCアジアカップ オーストラリア2015準々決勝で、開始7分に自陣からロングボールを供給し、FWアリ・アハマド・マブフートの先制点をアシスト。また、昨年9月1日に行われた2018 FIFAワールドカップ ロシア アジア最終予選の初戦ではフル出場し、敵地での勝利に貢献していた。

 また、昨夏には元鹿島アントラーズのMFカイオ、元サンフレッチェ広島のFWドウグラスらが所属するアル・アインに移籍。同クラブには日本代表を苦しめる“天才司令塔”MFオマル・アブドゥルラフマンなど、多くのUAE代表が名を連ねている。

 A・アブドゥルラフマンは「チームメイトと一緒に戦いたかったが、どうしようもない。選手たちはやる気に満ちていて、強いファイティングスピリットと覚悟を持っている。彼らならファンを喜ばせられるだろう」とコメントしている。

SOCCER KING

最終更新:3/21(火) 1:43

SOCCER KING

Yahoo!ニュースからのお知らせ