ここから本文です

『おそ松さん』関連書籍3作目の首位 『anan』特別編集ムック

オリコン 3/23(木) 4:00配信

 人気テレビアニメ『おそ松さん』を雑誌『anan』が特別編集版として刊行したムック本『アンアン特別編集おそ松さんSPECIAL BOOK』(3月14日発売)が、週間3.9万部を売り上げ、3/27付オリコン週間“本”ランキングの総合部門にあたるBOOK部門で1位を獲得した。

【写真】舞台化もされた『おそ松さん』

 『おそ松さん』の関連書籍による同部門1位は、『TVアニメおそ松さんキャラクターズブック2 カラ松』(2016年5月発売)、『TVアニメおそ松さんキャラクターズブック4 一松』(2016年6月発売)に次いで通算3作目。また、今作の週間売上は、『TVアニメおそ松さんキャラクターズブック5 十四松』(2016年7月発売)が2016/8/8付で記録した週間3.6万(36,409)部を上回る好スタートで、同部門の『おそ松さん』関連書籍では最高の週間売上を記録している。

 昨年5月の特集号に続いて、雑誌『anan』による『おそ松さん』本としては第2弾となる今作。前回同様、キャラクターデザインを手がけた浅野直之氏の描き下ろしによる表紙とグラビアページでは、今回の特集「『おそ松さん』で“好きな男・嫌いな男”」に恥じぬよう意識した表情の6つ子たちが、中面合計14ページにわたって掲載されているほか、前回の描き下ろしイラストで制作されたスペシャルカレンダーが付録となっている。

 そのほか同部門では、日本史学者・呉座勇一氏が、日本史上屈指の“地味すぎる大乱”についてわかりやすく執筆した『応仁の乱戦国時代を生んだ大乱』(中央公論新社/2016年10月20日発売)が、週間2.2万部で先々週と先週の4位から順位を上げ、自著最高の3位に浮上(累積売上部数16.6万部)。新書部門では、3/6付から4週連続で1位を獲得している。

最終更新:3/23(木) 4:00

オリコン