ここから本文です

東京五輪の県産品調達基準確認 県や関係団体が会合

3/22(水) 11:22配信

宮崎日日新聞

 2020年の東京五輪・パラリンピックで使用される農林水産物に本県産を売り込む「みやざき東京オリンピック・パラリンピックおもてなしプロジェクト連携会議」の「みやざき産活用推進部会」の初会合は21日、県庁であった。県や関係団体など11組織の代表者らが出席。農作物の使用基準となる見込みだが、県内では取得が進んでいない農業生産工程管理(GAP)を普及させる必要性を確認した。

宮崎日日新聞

最終更新:3/22(水) 11:22
宮崎日日新聞