ここから本文です

【WBC】侍の名手・菊池にビデオ判定の“洗礼”も…菅野がピンチ切り抜け3回も無失点

3/22(水) 10:52配信

Full-Count

松田の好守でいったんは併殺と判定も…

 第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で2大会ぶりの優勝を目指す野球日本代表「侍ジャパン」は21日(日本時間22日)、ドジャースタジアムでの準決勝で米国と対戦。3回に松田宣浩内野手(ソフトバンク)が強打者スタントンの強烈なゴロをさばく好守を見せたが、二塁に入った菊池涼介内野手(広島)の足が離れていたとして、ビデオ判定の末にセーフとなった。

第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日程・結果一覧

 3回、菅野は先頭ポージーにレフト前ヒットを許す。続くスタントンは三塁方向へ強烈なゴロ。メジャー通算208本塁打の“怪物”の打球に松田が飛びついて、二塁・菊池、一塁・中田と送って併殺となった。

 しかし、ここで米国側がビデオ判定を要求。映像では、菊池の足が完全に離れており、1分1秒の検証の結果、ポージーだけセーフとなって1死二塁で試合再開となった。日本であれば流れで併殺となっていた可能性が高かったが、ビデオリプレーで判定が覆った。

 続くクロフォードはニゴロで2死三塁。ピンチが続いたが、菅野はキンズラーを三ゴロに仕留め、無失点で切り抜けた。

 MLBと同じ形で行われる本塁打判定以外でのビデオリプレーは、WBCでは今大会の準決勝から初めて導入。前日のプエルトリコ-オランダ戦では4度、実施され、この試合では2回の松田の守備も対象となっていた。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:3/22(水) 11:33
Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合8/21(月) 1:35