ここから本文です

“アンリ2世”の強奪を目論むPSG 約96億円を準備か!?

3/22(水) 14:10配信

theWORLD(ザ・ワールド)

今季のUCLでも得点を量産中

今季のUEFAチャンピオンズリーグ(以下UCL)の決勝トーナメント1回戦でバルセロナに敗れたパリ・サンジェルマン。リーグアンにおいても第30節終了時点で2位に甘んじるなど、フランス国内や欧州の舞台で絶対的な強さを誇示するには至っていない。こうした状況のなか、同クラブに大型補強の噂が浮上した。

パリ・サンジェルマン(以下PSG)がモナコ所属のキリアン・ムバッペの獲得を検討していると、スペイン紙『MARCA』が伝えている。同選手は持ち前のスピードと決定力を活かし、今季のリーグアン第30節終了時点で12得点を記録。さらに今季のUCL決勝トーナメント1回戦のマンチェスター・シティ戦では1stレグと2ndレグの両方で得点を挙げてモナコのベスト8進出に貢献するなど、日増しに評価を高めている。ロシアワールドカップ欧州予選に臨むフランス代表にも選出された同選手を獲得するべく、PSGが8000万ユーロ(約96億円)を準備したと同紙が報じている。

複数のメディアからかつてモナコに在籍したティエリ・アンリ氏(元フランス代表)を引き合いに出され、“アンリ2世”と称されているムバッペ。モナコで着実に成長を遂げている同選手だが、ビッグクラブへの移籍という形で栄転を遂げる日も、そう遠くはないのかもしれない。

http://www.theworldmagazine.jp/

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合