ここから本文です

【WBC】侍・松田、決勝点献上のファンブル悔やむ「試合を大きく決めるところだった」

3/22(水) 15:39配信

Full-Count

勝負所で痛恨ファンブル「少し上体がブレた」「悔しいの一言」

 野球日本代表「侍ジャパン」は21日(日本時間22日)、第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の準決勝(ドジャースタジアム)で米国に1-2と競り負け、2大会連続で準決勝敗退に終わった。1-1の8回に自身のミスとも言える形で勝ち越し点を許した松田宣浩内野手は試合後、「悔しいの一言。勝ちたかったという思いだけです」と唇を噛んだ。

第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日程・結果一覧

 この日はエース菅野が好投。4回に名手・菊池のミスも絡んで1点を勝ち越されるも、6回を3安打1失点(自責0)に抑えた。6回には菊池の同点ソロで追いつくと、2番手の千賀も力投を見せ、7回を3者三振に仕留める圧巻の投球。しかし8回1死からクロフォード、キンズラーに連打を許し、1死二、三塁となったところで三塁を守っていた松田に“ミス”が出た。A・ジョーンズの三ゴロを松田が捕り損ねる間に三塁走者のクロフォードが生還。一塁で打者走者をアウトにしたものの、大きな勝ち越し点を許し、これが結果的に相手の決勝点となった。

 試合後、松田は「悔しいの一言。勝ちたかったという思いだけです」と振り返り、勝ち越し点を許したシーンを「弾くと確実に1点入るケースだった。必ず体で止めてグローブに入っていさえいればホームアウトだったと思うけど、少し上体がブレた。ホームに投げられずにファーストアウトにしてしまった。悔いが残ってる」と肩を落とした。

「きっちり(打球を)捕ってなかったんで、あそこで1度必ずセーフだなと思ったんで、そこからファーストに切り替えた。あそこはホントに試合を大きく決めるところだった。しっかりホームで殺すべきだった」

 そう続けた松田。小久保監督から選手に対して「ありがとう」の言葉を送られたことを明かし、「小久保さんを世界一の監督にするという思いでいましたから、それだけは悔いが残る」と言葉を絞り出した。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:3/22(水) 17:08
Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合8/20(日) 18:30