ここから本文です

YouTubeで父さんのシュートを研究!?  イタリアの若き才能キエーザ「僕にとってのお手本」

3/22(水) 20:01配信

theWORLD(ザ・ワールド)

自身のサッカールーツを明かしたキエーザ

10代や20代前半に将来有望な若手を多く抱えるイタリア代表だが、その中でもすでに頭角を現しつつあるフィオレンティーナMFフェデリコ・キエーザが、自身のサッカールーツについて語った。

現在19歳のキエーザはフィオレンティーナの下部組織出身で、2016年にトップチームへ昇格。今季の開幕戦となったユヴェントス戦で先発出場を果たし、セリエAデビューを飾った。そして、その後も出場機会が与えられ、公式戦27試合で3ゴール2アシストを記録している。

そんなキエーザが伊『ITA Sport Press』のインタビューで「僕には違う役割が与えられているかもしれないけど、ロッベンのようなカーブをかけたシュートを決めたい」とコメント。ただ「僕は父さんのすべてのゴールをYoutubeで見てきた。ローマ戦で決めたとあるゴールは説明できないぐらい素晴らしいものだったよ。試合中だけでなくトレーニングでも、父さんは僕にとってのお手本なんだ」と述べ、かつてイタリア代表でも活躍した父エンリコ・キエーザ氏に影響を受けたことを明かしている。

はたして、イタリアの若き才能キエーザは尊敬する偉大な父を追い越すことができるのか。今後の活躍に期待したい。

http://www.theworldmagazine.jp/