ここから本文です

名木身軽に、春の兼六園 唐崎松の雪づり撤去

3/22(水) 1:18配信

北國新聞社

 兼六園で21日、園内随一の枝ぶりを誇る唐崎松(からさきのまつ)の雪づりの撤去が行われた。庭師と造園業者12人が支柱から放射状に張られた縄を鎌やのこぎりで切って片付け、訪れた観光客らが春の訪れを感じ取った。

 園内では14日から撤去作業が進められており、唐崎松で最後となった。県金沢城・兼六園管理事務所によると、作業を中断した18~20日の3連休は、昨年より約3千人多い4万2581人が訪れた。22日は金沢城公園玉泉院丸庭園で雪づりが撤去される。

北國新聞社

最終更新:3/22(水) 1:18
北國新聞社