ここから本文です

【特集】7万人が見守る「家族会議」 注目を集める理由とは

3/22(水) 15:01配信

毎日放送

大阪府内に住むある一家、毎月「家族会議」をしているんですが、その議事録をまとめた本がいま話題を呼んでいます。元々はツイッター上に投稿された議事録が話題となり、フォロワー数は7万7千人。反響の大きさから本として出版されたのです。ごく普通の家族の会議がなぜ人気なのか?その秘密に迫りました。

トークイベントに現れた“ある家族”

3月12日、大阪ミナミで開かれたトークイベント。お客さんの前に現れたのは…有名タレントではなく、大阪府内に住むごく普通の「家族」。

「パパの好きなところは?顔以外でお願いします」(パパ)
「やさしいとこ」(なごみちゃん)
「ありがとう!」(パパ)

この家族、いま本を出版するほど人気を集めているのです。タイトルは「もひかん家の家族会ぎ」。もひかんさん(42)一家が毎月おこなっている「家族会議」の会話や内容、日常での出来事を記録した本なんです。

例えば、会議の議題は…「紙使いまくりの犯人は誰だ!」1日1ロールの紙がなくなるというもひかん家。

「誰や!トイレットペーパー使いまくっとんのは!?」(パパ)
「パパやで、ペーパーを引き出す音めちゃめちゃ長いもん」(ママ)

そして、パパの提案で1回で誰がどれだけ使うかを測ることに。

「犯人はパパだー(笑)」(なごみちゃん)

こんなもひかん家の取りとめのない日常を綴った本。Amazonの売れ筋ランキングの「家庭教育」部門でなんと1位を獲得しました。

「このお父さんの『人となり』が素敵」(来場者)
「すごくほっこりする」(来場者)
「クスッと笑えて幸せな気持ちになれるので、でもところどころウルッとしちゃったりして」(埼玉からの来場者)

もひかんさん一家の「家族会議」とは?

もひかんさんの一家は、議事録の書記を務める小学4年の長女・なごみちゃん(10)、自由奔放なムードメーカーかずとよくん(6)、顔出しは恥ずかしいというママ(42)、そして、もひかんさんのお母さんのばあば(67)の5人家族です。毎月家族一人ひとりが「小さな目標」を立て、達成できたかどうかを次の月に振り返るのがもひかん家の家族会議なんです。

先月のママの目標は…「いい加減ミサンガをつくる」。5年以上前から夫のもひかんさんが欲しがっていたといいます。その思いに応えようとようやく作りはじめましたが…

「この時点ですごくもつれてるから、どうなるかわからないです」(ママ)

かずとよくんの目標は?

「なにしたらあかんのやった?」(ママ)
「はみション」

湯船から出ず、なおかつバレずにおしっこをするかずとよくんの必殺技「はみション」の禁止です。

なごみちゃんの目標は、大好きなお笑いコンビ・ダイアンの津田さんにファンレターを送ることです。

Q.津田さんのどんなところ好き?
「怒るところ」(なごみちゃん)

そして、パパ・もひかんさんの目標は「前を見て運転」です。会議を始めてから1年半、ずっと同じ目標ですがなぜなのでしょうか?

1/3ページ

最終更新:7/25(火) 17:01
毎日放送