ここから本文です

主要32ヵ国のEC市場は約160兆円、日本の市場規模は米国・中国に次ぐ3位【ペイパル調査】

3/23(木) 7:06配信

Web担当者Forum

デジタルウォレットサービスのペイパルは、調査会社イプソスとの共同調査による越境ECグローバル調査を行い、3月22日、結果を発表した。2016年時点で主要32ヵ国のEC市場は約160兆円だった。国別の市場規模はアメリカ、中国、日本、イギリス、フランスという順番になり、上位2国で全体の約60%のシェアを占める結果となった。調査は、日本を含む世界32ヵ国の約2万8,000人の消費者を対象に実施した。

2015年~2018年の年平均成長率ではインドが最も高く38%だった。越境ECの規模をみると、1位が中国、2位アメリカ、3位インドの順だった(日本はデータ不足により越境ECについては対象から除外)。中国の越境ユーザーの購入先は、日本と韓国が13%、アメリカが9%の順だった。アメリカの越境ユーザーの購入先は、中国が14%、イギリスが10%、カナダが7%、日本が5%の順となった。

最終更新:3/23(木) 7:06
Web担当者Forum