ここから本文です

「感動ありがとう」 侍J県勢2選手にねぎらいの声

3/23(木) 11:10配信

宮崎日日新聞

 「よく頑張った」「ここまでこられただけでも大したものだ」。米国で22日行われた野球の国・地域別対抗戦、第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)準決勝で米国に敗れた「侍ジャパン」。本県からは、日向市出身でチーム唯一の大リーガー青木宣親選手(35)=アストロズ、宮崎市出身の武田翔太投手(23)=ソフトバンク=が参加し、同市で2月に強化合宿が行われたこともあり、応援に熱がこもっていた。世界一奪還の夢はついえたが、県民からは選手たちをねぎらう声が聞かれた。

宮崎日日新聞

最終更新:3/23(木) 11:10
宮崎日日新聞