ここから本文です

ひらがなけやき、初のワンマンライブが実はツアー初回公演だった

3/23(木) 0:20配信

AbemaTIMES

 欅坂46のアンダーグループとして結成された「けやき坂46(ひらがなけやき)」初のワンマンライブがZepp Tokyoにて2日間連続で開催され、計5,000人が熱狂に包まれた。

 ステージは彼女たちににとっての初めてのオリジナル楽曲「ひらがなけやき」からスタート、「世界には愛しかない」「二人セゾン」と欅坂46のシングル曲も“初披露“。「二人セゾン」では、間奏の複雑なソロダンスパートを“ダンスが苦手“だという井口眞緒が担当。井口の奮闘を観客は固唾を呑んで見守った。

 そしてライブでサプライズ発表されたのはタップダンスへの挑戦と、このライブ公演が実はツアーだったこと。メンバーはこれからタップダンスの特訓を始め、次回5月31日のZepp Nambaでのライブで披露するという。

 4月6日にデビュー1周年を迎え、ワンマンライブを行う欅坂46、そして全国ツアーをスタートさせるけやき坂46の活動からますます目が離せない。

■2017年3月21日(火)・3月22日(水)けやき坂46 Zepp Tokyo公演 セットリスト
M1:ひらがなけやき
M2:世界には愛しかない
M3:二人セゾン
M4:青空が違う
M5:僕たちの戦争
MC~タップダンスレクチャー
M6:手を繋いで帰ろうか
M7:ABC(カバー)
M8:僕たちは付き合っている(4thシングル収録曲)
M9:サイレントマジョリティー
M10:誰よりも高く跳べ!
アンコール:W-KEYAKIZAKAの詩

最終更新:3/23(木) 0:20
AbemaTIMES