ここから本文です

次期iPhoneより、80年代Mac風のiPhone 7 Plusが欲しくなるかも

3/23(木) 12:10配信

BUSINESS INSIDER JAPAN

噂によれば、アップルは次期iPhoneのラインナップに、これまでにない「プレミアムモデル」を用意しているようだ。

【画像付の詳しい記事は、コチラからご覧いただけます】

だが、この80年代のレトロなMac風にペイントされたカスタムメイドiPhone 7 Plusを見たら、そんな噂はどうでもよくなるだろう。(初出はAppleInsider)

80年代Mac風のベージュのボディに、レインボーカラーのロゴを冠したそのデザインは、ノスタルジックなアップルおたくの心をわしづかみにする美しさ。Business Insiderのテクノロジー担当記者たちも、見た瞬間に「欲しい」「おぉ、いい~」と叫んでいた。

この素晴らしい作品を作ったのは、AirPodにカスタムメイドで塗装を施す、ColorWareだ。

これは、iPhone 7 Plus 256GB ジェットブラックがベース。ColorWareによる塗装費用930ドル(約10万円)がプラスされ、価格は1899ドル。最初の25台には限定品の証として、「シリアルナンバー」が刻まれる。

値段を知ると、最初の興奮は収まり冷静になれる。それでも80年代風のベージュはiPhoneに良く似合う。同様に、レトロなApple Watch充電スタンドも良い感じだ。

費用の問題はあるが、レトロなiPhone 7 Plusは期間限定だ。もしかしたら、もっと買いやすい値段で、80年代風のiPhoneケースが売り出されるかもしれない。Schreer DelightsのiPhone 4/4s用のケースのような製品だ。

source:Colorware

[原文:Forget saving for the iPhone 8, this $1,900 iPhone 7 Plus is the one you want]

(翻訳:十河亜矢子)

最終更新:3/23(木) 12:10
BUSINESS INSIDER JAPAN