ここから本文です

レクサスLC500/LC500h発売。最上級クーペはハイレゾファイル再生対応

3/23(木) 12:32配信

Stereo Sound ONLINE

ハイレゾ音源再生に対応

 レクサスから、ラグジュアリークーペ「LC500/LC500h」が発売された。価格は1千300万円から。

 本車はレクサスのフラッグシップクーペであり、その登場が待たれていた1台だ。ガソリンエンジンのLC500とハイブリッドのLC500hがあり、それぞれにベーシック、「L package」、「S package」をラインナップする。

ラインナップと価格(すべて税込)
LC500 1千300万円
LC500 L package 1千300万円
LC500 S package 1千400万円
LC500h 1千350万円
LC500h L package 1千350万円
LC500h S package 1千450万円

 LC500/LC500hは、GA-Lプラットフォームやマルチステージハイブリッドシステム、Direct Shift-10ATといった最新技術の採用のほか、徹底的な造り込みが行われたという。その中において、オーディオシステムにも手抜かりはないようで、車両設計段階とともに開発を開始し、補正をかけない状態での音質を高めるために注力したとのこと。

 搭載機器の性能向上はもちろんのこと、搭載位置の徹底的な検証を行った。加えて、ボディ骨格から音響空間を設計、測定などでは検出できない領域にまでこだわったデザインを実施したと謳う。

 標準装備では「レクサスLCプレミアムサウンドシステム」を構築、搭載する。フロントダッシュボードに中央が90mmミッドレンジ、両端が90mmCST(Coherent Source Trancducer)ユニット、ドアに160mmボックスウーファー、リアクォーターに90mmCSTユニット、リアシートバックに250mmサブウーファーを配置。トランクに搭載した8チャンネルデジタルパワーアンプでドライブする。このシステムでは、ドアの振動抑制を分析して反映させるほか、スピーカーをボックスにマウントすることでその性能を十全に発揮させる工夫が盛り込まれている。さらにダッシュボードに配置されるスピーカーは、計算された角度を付けて搭載されており、スピーカーから発せられた直接音とフロントガラスに反射した音が効率よく耳に届いて立体的な音場を展開するとしている。

1/2ページ

最終更新:3/23(木) 12:32
Stereo Sound ONLINE