ここから本文です

フィオレンティーナ若き10番、英雄バッジョ氏の後を追う!? ユーヴェが約60億円の移籍金用意か

3/23(木) 22:00配信

theWORLD(ザ・ワールド)

インテルも獲得を目指しているようだが……

イタリアの絶対王者ユヴェントスは今夏、再びフィオレンティーナに所属するイタリア代表MFフェデリコ・ベルナルデスキの獲得を画策しているようだ。

現在23歳ながら、今季公式戦35試合に出場して13ゴール5アシストを記録し、チームを牽引しているベルナルデスキ。イタリアの英雄ロベルト・バッジョ氏が身につけた10番を背負っていることから、彼と比較されることも多い。ただ、ベルナルデスキはバッジョ氏が「素晴らしい才能を持っているし、クオリティも高い」と述べるほどの逸材である。

そんなイタリアの将来の担う存在と期待されるベルナルデスキを獲得するために、今冬の移籍市場でも動いていたとされるユヴェントス。今夏の移籍市場で彼を獲得するために、5000万ユーロ(約60億円)の移籍金を用意しているようだ。伊『ilBiancoNero』などが伝えている。

フィオレンティーナからユヴェントスへの移籍。もし、これが実現すればバッジョ氏が歩んだ道と同じ道をベルナルデスキも辿ることになる。日本代表DF長友佑都が所属するインテルも彼に関心を寄せているようだが、はたして移籍は実現するのだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合